« 無計画旅行 三日目 | Main | 無計画旅行 五日目 »

August 11, 2005

無計画旅行 四日目

 四日目は網走から。 残念ながら、網走刑務所には収監されませんでした(ぉ。

 前日寝る前、世界陸上を見ながら四日目の予定を考えていたのだが、網走監獄(旧網走刑務所のミュージアムね)に行くかどうか非常に迷った。というのも、そろそろ帰りの旅程も考えねばならず、今日中に札幌より本州よりに行っておきたいところなのだが、網走から札幌方面というのはとても列車のつなぎが悪いのだ。7時半過ぎにジャストな乗り継ぎの列車があり、それだと札幌に16時過ぎにたどり着けるのだが、8時オープンの網走監獄を1時間だけでも見たとすると、札幌到着が23時半になってしまう(^_^;;;;。色々手段を考えてみたのだが、どう考えても帰りの旅程で特急を使うなどの無茶をしなくてはならないようだ。うーむ。とりあえず、相方は寝てしまっていたので、一人で考えても始まらず、ある程度のプランだけをまとめ眠りについた。

 翌朝、7時頃起床して相方に昨晩の懸案事項を話したこところ、アッサリと網走監獄放棄(笑)。眠いの我慢して代替プラン考えるんじゃなかった(苦笑)。そんなわけで、急いで旅支度をして宿を出る。駅近くになってほしておいたタオルを忘れたことに気が付いた。だがもう出発まで時間がないので「タオルくらい!」と諦めることに……。

 網走駅で北見行きの列車に乗り込むと、先々日根室まで一緒だった千葉のおじさんたちが乗り込んでいた。こりゃまた奇遇!。「どーもどーも」と挨拶を交わし、ひとまず席に着く。その後は適当に車窓を撮影した後、北見までお昼寝モード。


網走湖。バイクで来ている人たちがキャンプをしていて気持ちよさそうだったなー。

 北見に到着後、今度は旭川行きの快速に乗り換え。乗り換え後、暫くは車窓を撮影していたのだが、おじさん達は昨日どういう旅行をしたんだろう?と気になり、おじさん達とお話をすることにした。
 おじさん達は朝一で根室を出発し、釧路に出て和商市場で勝手丼を食べた後、釧路湿原に行き展望台などを観光、その後は臨時列車のくしろ湿原・ノロッコ号で塘路まで行き、うちらと同じく川湯温泉で一服した後網走に入ったそうだ。ふむふむ。ノロッコ号は素晴らしかったと感想を頂き、今度は乗ってみようと思ったりした。その後は今までの旅の話などで大いに盛り上がり、今後の旅程の話になった。うちとしては北見→旭川→岩見沢→札幌とスタンダードに乗り継いで、前述通り16時半頃札幌入りしようと思っていたのだが、おじさん達は、北見→旭川→美瑛→富良野→滝川→岩見沢→札幌→小樽と考えていたらしく、このルートだと札幌到着が19時頃でそれ程変わらず、美瑛→富良野間で美瑛・富良野ノロッコ号に乗れるとのこと。ふむ、それはおいしいと相方と相談し、うちらも同行させて貰うことにした。


北見駅にて。ちほく線かな?メーテルと鉄郎ですよ。

線路は続くよどこまでも~♪って感じで。ホント。

丸瀬布駅。アイヌ語を当ててるから読みにくい駅が多いですな。

 そして旭川到着。ノロッコ号に乗るため富良野線に乗り換え、一路美瑛へ。美瑛ではノロッコ号は既に入線しており、人が沢山乗っていたので、「ああ、こりゃ立ち見だなぁ」って思っていたら、人が沢山乗っていたのは指定席。うちらが乗る予定の自由席はガラガラで、「うわ、自由席はガラガラじゃん!!」って喜んでいたところ、JRの職員さんから「こちらに来る時の列車は満員だったんですけど、こっちに来たら数えるほどしか居なくて吃驚でした。」とちょっとお嘆きの(笑)コメントを頂いた。


美瑛駅。ノロッコ号がお待ちでした。

ノロッコ号内部。ノスタルジックな感じでまとめてます。ストーブなんかもありますよ。

美瑛駅看板。良い雰囲気の駅でした。

 座る場所も確保し適当に撮影などしていると、出発の時間。自由席は結構余裕がある状態。よかよか。因みにノロッコってのは、旭川-美瑛-富良野間を運行している臨時観光列車で、この区間を通常の倍の時間を掛けてゆっくりと運行し、専用のアテンダントさんが色々と車窓の説明をしてくれるというもの。去年人吉→吉松間で乗った「いさぶろう号」と同じ感じだ。でも、こちらは地ビールなど売っていたりしてより良い感じ。そんなこんなしているとおじさん達が地ビールを抱えて来て、私らにも分けてくれた。うは、嬉しい!。丁度相方もビールを買ってきたので、そこで軽く乾杯をし、車窓とビールとおつまみの味を楽しんだ(笑)。途中、列車の振動で2度ほど中身の入ったビール瓶がテーブルから落ちて大変な事になったけど(苦笑)


川がとても気持ちよさそう。

北海道も日差しは真夏!!

十勝岳から噴煙が立ち上っています。

ノロッコだけが特別に停車するラベンダー畑駅。

富良野駅に到着したノロッコ号。

最後にノロッコ号をパチリ!良い旅でした。

 そして富良野到着。富良野では2時間弱の時間があったので、どうやって時間を潰そうかと考えていると、友達がレンタサイクルを発見。よし、これで富良野チーズ工房って奴を見学しに行こう!。富良野チーズ工房は地図で見たところ、駅から4kmほどの所にあり、流石に徒歩では……と躊躇していたのだが、チャリなら楽勝ね♪って事で勇んで出発。そして敗北(苦笑)。ちょっとした山の麓に工房はあったのだが、最後に来た3,400m程の坂道でグロッキー状態に(゜_、゜;)。チーズの試食とかしてもなんだかよく分からなかった(苦笑)。
 その後併設されているアイス工場で売っていたアイスを食って落ち着きを取り戻し、改めて振り返ってみると、チーズ工房部屋3つしかないじゃん……。アイス工場に至っては、一部屋。うーむ、つまらん。とりあえず、チーズを家に郵送の手続きだけして終了。
 その後は近くのひまわり畑をちょろっと見学して、駅に戻る。正味1時間弱のサイクリング。いやー、いい汗をかいたというかやばい汗をかいたというか(苦笑)。とりあえず風呂に入りたかったが、時間も施設もなく断念。豚トロ弁当だけ購入し、滝川に向けて出発。


サイクリング中。空知川を渡ります。

ようやくたどり着いた富良野チーズ工房……。

豚トロ弁当。お味は微妙でした……。

 その後岩見沢で久しぶりの「電車」に乗り込み、冷房の有り難みを知る。というのも、道東を巡っている間の列車は一応冷房が付いていたのだが、あまり効きが良くなく、扇風機の風と窓から入る天然の風だけで過ごしていたからだ。おじさんとも「久しぶりに冷房が効いてますね」と笑いあったくらいだ。
 岩見沢からの電車の中では今後の旅程を考え、やはり青森までは急行はまなすを使用し、青森到着後また北海道方面に戻り、海底駅を見学してから帰ろうという事になった。おじさん達はというと、やはり今日は小樽で一泊し、翌日は函館で遊んで帰るそうだ。そんなわけで、結構な旅程を一緒に旅してきたおじさん達とも札幌でお別れ。札幌駅で「じゃあ、お気を付けて帰ってください」とお互いに握手を交わし別れた。

 その後とりあえず急行はまなすの自由席の並び具合はどうかいな?とホームを確認し、まだ誰も並んでいないことを確認。「ならば」と食事と風呂を済ませることにする。食事はサッポロビール園でジンギスカン!!と行きたいところだったが、これだと時間の関係上、そうとう難しそうだったので駅前のラーメン屋「一国堂」でさくっと食べて、そこから徒歩20分ほどの銭湯に行った。


北斗星入線!これからこれで帰ります!!……、って言えたらいいなぁ……。

上野行き北斗星。はまなすと違って綺麗な車両でした(^_^;。

一国堂のしょうゆチャーシューラーメン。うまうまー。

 銭湯で気持ちよく汗を流したその後、札幌駅に戻ると既に自由席待ちの長い列が出来ていたが、この程度ならば座ることは可能だなと安心をして列車を待った。そして急行はまなす入線。アッサリと席を確保し、青森まで6時間ほどの旅が始まるのであった。

つづく。

|

« 無計画旅行 三日目 | Main | 無計画旅行 五日目 »

Comments

お腹空いてきた・・・。

Posted by: エト | August 12, 2005 at 12:59 AM

>エトさん
 ラーメン食いに札幌行ってください(笑)

Posted by: みすちーふ | August 13, 2005 at 12:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23399/5424010

Listed below are links to weblogs that reference 無計画旅行 四日目:

« 無計画旅行 三日目 | Main | 無計画旅行 五日目 »