« 美ら島物語2日目 | Main | 美ら島物語4日目 »

November 22, 2005

美ら島物語3日目

 さて、3日目。宿屋の朝食を食べた後は、直ぐそこの海岸散策。

んで、その後は荷物をまとめてタクシーで空港へ(笑)。何だよ石垣島何しに来たんだよ!?って感じでしょうけど、そういう旅程です(笑)。この日はこのまま飛行機に乗り、今度は与那国島に行くのです。日本最西端ですよ!。夏に日本最東端(有人だけど)納沙布岬に行って、秋に日本最東端。俺馬鹿だナー(苦笑)。これまた30分程度で与那国空港に到着。石垣空港でもそうだったけど、勿論ターミナルなんてモノはなく、タラップ降りたら歩いて空港の建物へ。ついでだから色々と面白いなぁって感じたことをまとめて書こうかな?宮古、石垣、与那国空港は到着直後飛行機がUターンします。何でかっていうと誘導路が無いから。滑走路でくるっと廻って建物の近くまで運んでくれます。前の方に乗っているとよっちゃうかもね(^_^;。


石垣島での宿。アリが……_| ̄|○

なんか沖縄の民家って感じ~

 さてさて、こんな感じで与那国空港に到着したんだけど、こりゃ空港って言うより地方の寂れた駅って感じだね(^_^;。さてさて、与那国では近くのレンタサイクルで自転車を借りて自転車で廻ろうと計画だった。与那国島は地図を見た感じ、空港から西が4kmくらい、東が7kmくらいだったから自転車で十分だろうって事だったからだ。が、友人Mがレンタサイクル屋とやりとりをしている間、空港内を見渡していると、与那国一周マラソンとやらのポスターを発見し、それを詳しく読むとどうやら一周23kmはあるらしい。(そりゃそうか(^_^;)で、23kmを自転車で廻って本当に色々楽しめるだろうか?って色々考え、軽クラスが空いてたらレンタカーにしようって事になった。自転車一周も楽しそうなんだけど、それは次回時間の余裕を持ってきた時にしようって事で。で、レンタサイクルを借りる予定だった与那国ホンダで聞いてみたところ、軽あるよ!って事でレンタカーに変更した。すると空港まで迎えに来てくれたレンタカー屋のおじさんが、「あんた達体格イイから、軽だときついよー?」って助言をくれた。そんなにアップダウンが多いのか……。更に契約時におじさんが1000円まけてあげるから、フィットにしなって言ってくれたので、甘えてフィットにした。
 んで、宿屋が西の端っこの方にあるので、じゃあ、北側から東回りで宿屋まで行って宿泊。翌日は残りを見て回って終了だなって感じでプランニングした。その10分後、ああ、フィットにして良かったと思うこと沢山(^_^;。いや、この島本当に起伏が激しいわ。まずは東端の灯台まで来てみたのだが、灯台から下の方に降りる道があるのだけど、これ15%くらいあんじゃねー?ぐらいの感じで。自転車だったら絶対来たくないって感じですよ。とりあえずは灯台の方まで歩いて行ったんだけど、ここに来る途中から気になってはいたんだけど、この島って家畜放し飼いなのね。駐車場から灯台までの300mくらいは馬が普通に放し飼いされていて、そこら中が糞だらけ(苦笑)。避けながら灯台まで歩いていきましたよ。で、そこから見る景色の綺麗なこと!宮古島はどちらかというと海岸から見た海の色がエメラルドグリーンで綺麗って感じだったけど、こっちは海の青さが格別。んで、断崖が多いので、一緒に緑も沢山見えて、そのコントラストが本当に綺麗なんですわ。更に崖の上から見下ろしたらウミガメが海に潜っていく様子が見えたりして本当大満足でした。


飛行機を降りて到着口まで歩く人々……

荷物用のベルトコンベア。一周30秒……

与那国の風車は元気そうでした!

与那国馬。のどかに放し飼いですよ。爆弾ばらまきつつ(ぉ

与那国は宮古と違い深い青の海が特徴ですな

 その後は前述の坂道を降りていって磯へ。あまりの綺麗さに早速水着に着替えて腰まで使って遊びました。で、そこから磯づたいに凄く綺麗な砂浜が見える。どうやら陸地から続く道は無く、磯沿いに歩いていくか船で行くかしか行けないようだ。勿論誰もいないので、んじゃまちっと冒険してあの浜で泳ぎますか?って事になり。磯を歩いていく事に。途中転倒して小指に怪我を負ったが、そんなのを吹き飛ばすほど綺麗な海岸。幅150mくらいかなー?んで、そこにはうちら3人しか居ないし、頑張らないと人らしきものが見えないくらいな感じなので、気分はまさにプライベートビーチ。みんなさくっと着替えて泳ぎ始めた。ちと奥の方は磯っぽいかんじで、深さは全体的に50cm程度なので泳ぐのはなかなか難しいんだけど。友人Kはしっかりゴーグルまで持ってきていて、それを掛けて見るとどうやら沢山の生き物が見えるとのこと。どれどれと拝借して見ると、おーすげー!足下を熱帯魚が泳いでる!!うわ、ちょっとこれ感動なんですけど!!。潜ったというより海面に顔を付けただけで10種類くらいの魚が見えるので、凄く大興奮。熱帯魚の水槽で泳いでる気分ですよ!。んなわけで、しばし時間を忘れて楽しんでしまった。1、2時間遊んだ後撤収。いや、まだ先は長いですから……。それにしても本当ゴーグル持ってくるんだったナー。次来る時は絶対ゴーグル持ってくるぞ!って言うか、ダイビングしたくなってきましたわホント。


このプライベートビーチ感どうですかっ!

熱帯魚もいたんだけど、残念ながら撮影は出来ませんでした……

 んで、駐車場のトイレで水を浴びて着替えた後、観光再開。NHKのドラマの撮影で使われた場所とかまぁ、色々あったわけですが、本当景色綺麗なんですわ。もう是非一度はおいでよ与那国島!。そんな感じで気分はつらつなんだけど、先ほど打ち付けた右足の小指が大分腫れてきた……。そして段々紫色に……。うーむ。痛い。まいったなぁ。とりあえず歩けるので良しとして観光を続ける。途中ガイドに人面岩と書かれている場所があったので、よし、これ行くか!?って事で行ったは良いものの、自然遊歩道になっており思わぬ高低差に疲れ倍増。で、現れた人面岩とやらがこれですよ……。うーむ。その後友人両名はその先まで見に行くというので、俺は戻って車を遊歩道出口に送るよって事になって、一人とぼとぼと遊歩道を戻っていく。あちー、いてー、って感じで。


人面岩……?

足の指はこんな感じになってきました。その後もっと真っ青になったけど(^_^;

 合流後はDr.コトー診療所へ。撮影に使われた診療所があるんですなー。俺自身はドラマ見てないからよく分からんけど。マンガは読んでるからストーリーは知ってるけどね。車を駐車していたので、一足先に見に行った友人達は俺が見に行く頃にはぐるっと建物を見てきて戻ってくる所だった。そりゃ、小さい建物ぐるっと外から見回るだけじゃねぇ。で、一人で見回ろうとすると、町役場の車が入ってきて、役所の人と思われる人が鍵を持って現れた。「あれ?湿気を逃がすために換気でもするのかな?」と思いつつ、後ろから建物の中をビデオで撮影していると、「入っていいですよ」と言われたので、「え、いいんですか!?」と言いつついの一番に入らせて貰った。残念ながらコトー先生は留守のようで、足の傷を見て貰うことは出来なかった(笑)。因みにこの建物まだ新築で出来てから2年くらいしか経っていないとのこと。美術さんの腕前は凄いね。


Drコトー診療所。生憎足の小指の処置はして貰えませんでした……(T_T)

中にはスタッフの寄せ書きがっ!

コトー先生!自転車パンクしてますよっ!(笑)

 一頻り見た後出発。そして日本最西端へ。これで1年で最東西端到達達成!。ぼーっと景色の良さを楽しんだ後は、この直ぐ近くにある民宿にチェックインし、更にこの近辺を廻ることにした。しかし、夕食が6時からという事で、日本最後の夕日が落ちるのを見るのは難しいか?既に斜陽となっている与那国西側をちょろちょろ廻り、5時50分頃宿に戻ってくると、まだ食事の支度が出来ていない様子。何でも今日は庭でジンギスカンだそうで、準備に手間取っているらしい。ならばっ!って事で、宿の人に「夕日見に行ってイイですか?」って聞いたら、「庭でやってるので後で合流してください」と言われたので、押っ取り刀で先ほどの最西端に駆けつけた。すると駐車場に着いた途端、岬の方から歩いてくる人たちの群れが……。「ああ、終わったね」って思いつつも岬に行くと、やはり日は落ちていた。残念……。


日本最西端の地を踏みましたっ!。1年で西と東を踏むとは……(苦笑)

日本最西端の地じゃないところに日本で最後に夕日が見える丘があるとは……

落ちる直前の夕日は見たのよっ!!

夕日に染まって綺麗なダンヌ浜(一部ウケ(ぉ))

 再び宿に戻ってくると、既にジンギスカンを焼き始めていた。宿泊者が全員外で並んで食べるのだが、一斉に食べるとかは無くなんか微妙な感じ。ま、別に構わないんだけど。友人Kは今日は飲まない宣言をしたので、申し訳なくも友人Mと私で乾杯!2杯も飲んでしまいました。んでんで、珍しいモノを食べましたよ。それはシーラのカマ焼き。いやー、美味かったッスー。
 夕食後は友人Kの運転で星を見るのに良さそうなポイントを探して、与那国島を駆けめぐりました。実際、殆ど使われていない農道みたいな道が沢山あって、「これ本当に先まで行って大丈夫か?」って所を何度も抜けて、最終的には前出の灯台近くの駐車所で満天の星空を楽しみました。普通に天の川が見えて本当感動ですよ。でも星が見えすぎて、「オリオン座何処だ?」なんて、自分ちの近所だったら絶対あり得ないことを言ってたりしました(^_^;。
 その後は宿に戻り、またあっさりバタンキュー。やはり他の客は酒盛りをしていたっぽいですが……。次回は混ざりたい(笑)。


宿の庭でジンギスカンを見ながら見上げた空。綺麗ですなー

これがシーラのカマ焼きです。美味かったですぞー!

もちろんジンギスカンもウマー!使っていたのはベルのタレ。分かる人には分かる(笑)

|

« 美ら島物語2日目 | Main | 美ら島物語4日目 »

Comments

23kmなんて逆にチャリで楽しめる一番いい距離なんですがw
しかも、アップダウンが激しいときたら、車なんかじゃ楽しめなーい

Posted by: ゆた | November 23, 2005 at 03:21 AM

>ゆた
 来年必ず実行するようにっ!Σ(>▽・)b
来年じゃなければ、今の仕事辞めた時でいいや(ぉ

Posted by: みすちーふ | November 23, 2005 at 07:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23399/7266874

Listed below are links to weblogs that reference 美ら島物語3日目:

« 美ら島物語2日目 | Main | 美ら島物語4日目 »