« 美ら島物語1日目 | Main | 美ら島物語3日目 »

November 16, 2005

美ら島物語2日目

 そんなこんなで2日目。宿の食事を食べた後さくっと出撃。

 今日はカーフェリーを使って伊良部&下地島を巡る予定だ。朝8時50分のカーフェリーに乗るため、8時半頃港に行くと既に船に積み込まれている車が結構あり、ギリギリな感じだ。それでも何とか入庫(?)して、伊良部島にいざ出発。伊良部、下地島は宮古島に比べると1/4程度しか無いのだが、今日はこの2つを巡ることになっている。と言うのも、友人Mが頻りに「下地島に行きたい!」と言っていた為であり、その理由とはこの島が「ストラトス4」というアニメの題材となった島(主に下地島)だからだ。因みに私も出発前に予習をさせて貰った(笑)。


さらば宮古島っ!!

船は行く行くどこまでもっ!

 そんな訳で、伊良部島の港に着いたらさくっと移動開始。とりあえず南回りで攻めていく。まずは一気に下地島に入り、通り池へ……と思いきや、途中で見つけた水たまり(潮だまり?)で一遊び(^_^;。30分ほど遊んだ後、改めて出発。そして直ぐに通り池到着。植物のアーチをくぐり、板の通路を抜けていくとそこにはストラトス4のワンシーンで使われていた通り池そのものがあった。「おおっ」頻りに感動する友人M(笑)。そんな中友人Kは通り池の裏側まで探索する冒険っぷりであった。


これが遊んだ潮だまり。水たまりの癖して綺麗でやんの。

木のアーチを抜けたその先にはっ!!

通り池があったっ!!ババーン!!!

こっちが海側で

こっちが陸側。足下で繋がってます

で、その駐車場で売っていたサトウキビアイスケーキ
ってアイスキャンディーじゃん……。味は微妙でした……。

 そんな感じでテンションをあげつつ、次に向かったのは早くもストラトス4の舞台となっている下地島空港(ストラトス4では下地島基地だけど)。ちなみにこの空港、実は練習用の空港で、JALやANAのパイロットが離発着の訓練を行っている空港で、毎日離発着があるわけでは無い。離発着が行われている時は海に突き出ている誘導灯の辺りは車両が通行出来ないのだが、通常時は普通に空港の周りを一周できる。ってことで、現在は離発着が行われていないので、車両を誘導灯に乗り入れ誘導灯のチェック!(勿論ストラトス4で使われているからなのだが(^_^;)。それにしてもこの突きだした誘導灯の周りも凄く海が青い。飛び込みたい気分です。ハイ。


どーっすか?このインチキくさい色。底に色塗ってんじゃないか?って感じですが本物です。

海に突き出した誘導灯が見えてきました。しかし、プールの色だな(^_^;。

誘導灯と不似合いな海の色が素敵でしょ?

そして振り返ると下地島基地……、じゃない下地島空港(笑)

飛行訓練中は車両立ち入り禁止区域です!

魚垣にて。夢現の風景ですねー。

 そしていよいよ空港正面に乗り込んで、管制塔などを見回す。ここで既に友人Mはテンション最高潮だ。そして滑走路の方を覗いてみた。そこには監視小屋があって警備員さんが居たので、「今日は訓練やってないんですか?」と聞いてみると、「今日は飛行機来てないよ」との事。うーむ、残念。それにしても訓練無いのに一日ここで警備やってるなんて大変だなぁ…。その後はパチパチと滑走路の写真を撮りまくって終了。そしてまた時計回りに途中魚垣と呼ばれる浅瀬で遊んだりしながらぐるっと攻める。


空港正面から管制塔

こんなに綺麗な青空でした

そして飛行機は1機も居ませんでした(T_T)

空港と反対側の魚垣。ちょい左にパンすると誘導灯が見えます

あの大岩目指してジャブジャブと……

歩いてきましたっ!遠浅なんでまだまだ先まで行けそう

 その後は伊良部島に渡る。因みに伊良部島と下地島は幅10m程度の水道(上下水道の事ではないです(苦笑))で別れているだけで、殆ど1つの島と言っても過言ではない。伊良部島に入った後はふなうさぎバナタへ向かう。ナンダソリャ?って感じですよね(^_^;。昔沖縄本島などに出兵する一を見送った場所らしいです。で、現在はここに宮古島に飛来するサシバと呼ばれる渡り鳥の象が立っている訳なんです。まぁ、例のストラトス4で出てくる場所な訳ですね(笑)。友人Mは喜んで主人公と同じように紙飛行機を飛ばしてました。
 その後はサシバ(伊良部島側から見るとおまるにしか見えないんだけど)を象った展望台から宮古島を眺めたりした後、遅めの昼食って事で、下地島まで戻り知る人ぞ知るオーシャンハウスinさしばってところで昼飯。ここで始めてソーキソバを食べてみた。フム、ソーキがどーんと乗ってる支那そばなのね。その後は渡口の浜に行って帰りの船の時間まで海岸散策。それにしてもこのビーチの砂、めっちゃサラサラしてるなー。海が綺麗なのは既に言わなくても分かると思うけど……。途中までは珊瑚の欠片が波打ち際にごろごろしていて痛かったんだけど、途中から本当サラサラしている砂になって、これが気持ちいいわけですわ。友人両名は砂をお持ち帰りしてました(笑)。


サシバ像。ここから紙飛行機を飛ばすんですよっ!

サシバ像がある崖から下をのぞき込みました。また嘘くさいくら綺麗な色で……

のほほんとした道ですが、見る人が見れば……

オーシャンハウスinさしば。ソーキソバごちそうさん

渡口の浜。綺麗な砂浜でしょ?

渡口の浜から水道へ。水道も綺麗ですねー

港のテトラポット。港の水がこんなに綺麗なんだもんなー。やってらんねー(何が?)

 そして宮古島に戻ってきたら、その足でペンション華に戻って車を返却し、空港まで送ってもらった。そして次の目的地の石垣島へ出発。石垣島までは20分のフライト(笑)。短いなぁ……。
 そんなわけで上がったと思ったら直ぐに降り始めてあっという間に石垣島。石垣空港に着いた後のプランを全然決めてなかった我々は(なんと行っても宿屋の場所すらよく分かっていない(苦笑))、暫く空港でプランニングし、とりあえず宿屋が繁華街とは反対方向なので、まずは荷物ごと繁華街に行って飯を食ってから宿屋に行こうって事になった。
 んで、居酒屋で軽く飲みつつ食事なわけだが、やはりなかなか珍しいモノが多い。とりあえず基本のゴーヤチャンプルーを頼み、後はもずくの天ぷら、イカスミチャーハン等々を食す。うーん、美味いね。でも、中でも気になったメニューがこれ。はまさきのおくさん(笑)。何なんだろうねぇ?1500円出す勇気と腹具合に余裕が無かったので、頼まず終い。誰か知っている人は教えてください(笑)。んで、その後はタクシーを捕まえて宿屋の民宿マエザトまで。このタクシーの運ちゃんはなかなか変な人だったナー。気さくで楽しい人だったけど。そうそう。宮古島と石垣島はタクシーがメッチャ安いんですよ。初乗り390円で、2kmごとに50円。都内とは比べモノにならない程安いです。ホント。民宿に着いたら早速乗り込んでお休みモード。結構つかれてんなー。それにしても、この宿屋アリが沢山出る(^_^;。あと、若いダイバーが良く泊まりに来るらしく、この日も夜中までどんちゃん騒ぎをしていた。まぁ、俺的には気にならないし、余裕があったら加わりたかったけどね(ぉ。


夕日を目指して、いざ石垣島!

もずくの天ぷら。うーん、また食いてぇ!

イカスミチャーハン。ウマー!

これが謎のメニュー……。何だろうね?

|

« 美ら島物語1日目 | Main | 美ら島物語3日目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23399/7141044

Listed below are links to weblogs that reference 美ら島物語2日目:

« 美ら島物語1日目 | Main | 美ら島物語3日目 »